自作CMS・自作サーバーにて運用中
かぁくん本紀は当然ながら転載自由です。詳細はインフォメーションをご覧ください。
目次 > 2019年 > 1月 > 25日 >
カテゴリー: コンピュータ
<<「今日も順調に9511F乗車」今...「最後の1週間のスタート」今日の...>>

GNU/Linuxでオススメの左手キーボードを紹介

作成日時: 2019/1/25 (金) PM 8:06
最終更新: 2019/1/25 (金) PM 8:21

最近はPC関連の記事をまるで書いていなかったので、今日は久しぶりに新しい記事を執筆。

GNU/Linux使いにとってはよく悩みの種になる周辺機器の話題です。
(このブログは全記事アフィは貼ってないのでご安心を)

Linuxでも左手キーボードを使いたい!

オープンソース界隈では定番中の定番とも言える画像編集ソフトであるGIMPにもついにキャンバスの回転が実装され、OSSだけでのイラスト制作に発展の兆しが見えてきた今日此の頃。

デジタルイラストといえば、ペンタブレットはWacom製ならGNOMEにデフォルトでドライバが付属しているので使えますが、快適に使うにはやはり「左手キーボード」も欲しいところ。
元はゲーマー向けに設計されている左手キーボードですが、画像編集ソフトの多様な操作を割り当てるには最適で、職業イラストレーターはかなりの割合が愛用している様子です。
 ・・・なんですが、Linuxだと使い物にならないんですよね、コレが...

G13もRazerのやつもダメ

左手キーボードといえば、定番なのはLogicoolのG13とRazerのやつ(モデルチェンジも多く、種類もいくつかあるので製品名は覚えてませんw)ですが、この両者、Linuxとの相性が最悪なんですよね。

G13

G13
(写真左端がG13、Windowsでの使用風景)

まずは、「ハードウェアは並、ドライバはゴミ、サポートは神」でお馴染みのLogicoolから。

このG13、安物のメンブレン方式ではありますが、キーがいっぱいあって、アナログスティックにマウスホイールを割り当てられたりとかなり便利なんですよね。(Windowsでは)

ところが、ハードウェアの設計としては処理の多くをPC側で行うようになっているため、公式のドライバが提供されていないLinuxのPCに接続するとうんともすんともいわないんですね。
で、一応有志のドライバもあるんですが、マウスホイールが割り当てられなかったり、PCをスリープさせるとドライバがクラッシュしたりと実用には耐えず...
公式ドライバをWineで使うという手も考えられますが、そもそも不安定なロジのドライバなんか、そんな環境でまともに動くはずがないんですよね(苦笑)

Razerのやつ

これは使ったことがないので、詳細は割愛。

こっちはキーの割り当てをハードウェア側で解決しているらしいので、Linuxでも動作はするらしい・・・んですが、設定を変えるにはいちいちWindows機につなぐ必要があるそうで・・・
手元の端末をLinuxで揃えたいオープンソースガチ勢にとっては話になりませんね。

Libwacom、強し

そこで登場するのが、ペンタブレットでお馴染みWacom製のExpresskey Remoteという製品。
wacom Expresskey Remote
本来はペンタブレットのオプションパーツといった位置づけですが、単体でも購入できます。
国内メーカーWacom製のため入手性もよく、ワイヤレスかつコンパクトで狭いPCデスクでも安心の一台。

で、なんでこれがLinux環境にオススメなのかというと、その理由はLibwacom。
wacomはハードウェアの詳細な仕様を公開しており、有志がかなり完成度の高いドライバを開発されてるんですね。
で、この有志のドライバ「Libwacom」の完成度の高さといったら、安定性なんか公式のドライバをWindowsで動かしたときより安定してるくらいです。

ちなみに、Libwacomはデスクトップ環境によって導入や設定に差異があるので、これも補足しておきます。

GNOMEの場合

前述の通り、GNOMEではLibwacomはデフォルトで有効になっており、設定を開けば「ワコムタブレット」の項目からキーの割り当てが行なえます。
ただし、GNOMEではマウスホイールの割り当てができません。

KDEの場合

KDEの場合は導入が少しややこしく、「Wacom Tablet detection」とかいうツールをインストールしないと使えません。
まあ、大抵のディストリビューションではディストリビューションが提供してるパッケージがあるので、yumなりaptなりでダウンロードするだけですが。
(パッケージ名は、Fedoraの場合、「kcm_wacomtablet」だったかな。)

ちなみに、KDEの場合は各キーにマウスホイールの動作を割り当てることが可能です。


あと、補足ですが、GNOMEにしろ、KDEにしろ、複雑なキーマクロは組めません。(もちろん、Ctrl+Zとかの単純なのはいけます)
まあ、これはWindowsの公式ドライバでもそうなので、マクロに関しては別の方法を考えるしかないでしょうね。

<<「今日も順調に9511F乗車」今...「最後の1週間のスタート」今日の...>>


この記事のタグ:
Linuxワコム左手キーボード

コンピュータの新しい記事

GNU/Linuxでオススメの左手キーボードを紹介 【自宅サーバーUPS設置物語】後編・電源タップ自作 【自宅サーバーUPS設置物語】序章・CentOSで電源が切れなかった問題の解決 【自作PC】父親の金でRyzenマシン組む - 組み立て・レビュー

この記事へのコメント



現在このページでは、新規のコメントは受け付けていません。

【!】システム移行作業に伴い、コメント受け付けは停止しています。

著者

リアルでポニテやってる趣味多き男の娘。

自作サーバーで自作ブログシステムを運用する文字通りの"管理人"です。

SNS→Mastodon

お知らせ

当ブログの全面リニューアルは5月以降に延期となりました。

なお、現在は暫定システムでの運用のため、4月以降の記事にサムネイルが表示されません。
2021/4/7 (水) PM 12:06

カテゴリー

漫画・イラスト 園芸・生物 ブログ・ホームページ 鉄道 コンピュータ 知識欲の沼 その他

2019年 1月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031


新しい記事

【イラスト】上から目線なマテバちゃん 【お知らせ】当ブログを全面リニューアルします! 【乗車録番外編】2021年初乗り鉄@大阪近郊区間 【イラスト】冬私服のももちゃん 【謹賀新年】年賀 2021 【イラスト】私服のももちゃん - 2020冬 【フォント】ウソ電フォント-Kokutetsuを更新しました 【イラスト】マテバちゃんとマテバちゃんぬい

コンピュータに関連のタグ