自作CMS・自作サーバーにて運用中
かーくん本紀は当然ながら転載自由です。詳細はインフォメーションをご覧ください。
目次 > 2018年 > 9月 > 13日 >
カテゴリー: その他 / DIY
<<【自宅サーバーUPS設置物語】序...【自宅サーバーUPS設置物語】後...>>

【自宅サーバーUPS設置物語】前編・サーバー台自作

作成日時: 2018/9/13 (木) PM 11:59
最終更新: 2018/9/14 (金) AM 2:36

先日、台風21号が襲来した際、台風被害による停電で、みなさんがアクセスしている"この"サーバーも電源が絶たれ、約20時間ほどの間、みなさまにサービスを提供できない状態となっていました。

序章で、UPS設置が可能となった"この"サーバー。今回の停電では、運良くデータの破損やHDDの故障はありませんでしたが、また災害が起これば同じような停電が起こらないとは言い切れないため、今回は思い切ってUPSを導入することにしました。

UPSは、オムロンのBN-100Tを発注。
オムロンといえば、改札機や券売機など、日頃から製品を目にすることも多いメーカーであり、安心感があるのでこれをチョイスしました。

 ・・・が、UPS本体を発注したのはいいものの、現在のサーバー周りにはUPSの置き場がないので、UPSが届くまでの間に「サーバー台」を自作し、その台の下のスペースにUPSを収納することに。

材料

サーバー台の自作 - 1
木材は全てコメリで調達したヒノキのディメンションランバーを採用。

今回の用途であればホワイトウッドでも何ら問題ないはずですが、せっかく作るなら長く使えるものを、と、贅沢にも総ヒノキ造りにしてみました。

なお、今回の木材は、写真左からそれぞれ、
2x2材、34cm
 〃 、36cm
1x4材、60cm
75mmx11mm材、36cm
 〃 、60cm
で、コメリの木材カットサービスや自前の丸ノコを使用し、事前にカットしてあります。

毎度のことながら、設計ももちろん自前。
タワーサーバーを置く台を自作する人なんて他にいないでしょうからね・・・

組み立て

では、さっそく組み立てへ。
接合は全てステンレス製のコーススレッドを使用します。

サーバー台の自作 - 2
まずは、2x2の36cm1本と34cm2本で脚部を作成。

細めのドリルビットで下穴を開けたあとは、いつも通りコーナークランプで押さえつつ、57mmのコーススレッドで固定します。

サーバー台の自作 - 3
なお、2x2の36cm材については、このように、ネジを打つ方向に対して斜めに年輪が走った材を選んでおくことで、木材が割れる確率を低減することができます。

サーバー台の自作 - 4
ちなみに、ここで使用したコーススレッドのうちの1本が締め付け中にポッキリと折れるというアクシデントが...

ステンレスは普通鋼に比べて柔軟性で劣ることは知っていましたが、インパクトドライバーの衝撃が強すぎるとこんなことが起こるとは...

とりあえず、木材の内部には十分な長さが入っていたので、そのまま使用することにしました。

サーバー台の自作 - 5
そして、この脚部の表裏に、36cmの75mmx11mm材を写真のように固定。
固定には25mmのコーススレッドを使用し、裏側も同様に行います。

固定する際は、左右の脚先(写真では下側)の間の長さが上部と同じ長さになるように手や足で押さえながら固定するのがポイント。また、下穴も必須です。

これにより、脚の横方向の強度が大幅に向上します。

サーバー台の自作 - 6
さらに、この脚パーツを2つ作って合計3個とし、これを横に並べて、60cmの75mmx11mm材で固定します。

もちろん、このときも脚先の位置の調整や下穴開けは重要です。

サーバー台の自作 - 7
また、この作業の後に、それぞれの脚の先にダイソーのシール付きフェルトを貼り付けておきます。

サーバー台の自作 - 8
最後に、この脚部パーツの上に天板となる60cmの1x4材を4枚並べて、下穴を開けたあとで32mmのコーススレッドで固定すれば完成です。

完成品は幅36cm、高さ40cm、奥行き60cm。下部の空間は幅28cm、高さ26cmまでの物を収めることが可能な仕様となっています。

"この"サーバー以外にも、SupermicroやHPEなどの多くのタワーサーバーは奥行き50cm前後のものが主流なので、この台は様々なサーバーで活用できそうです。

<<【自宅サーバーUPS設置物語】序...【自宅サーバーUPS設置物語】後...>>


この記事のタグ:
サーバーサーバー台

その他の新しい記事

【自宅サーバーUPS設置物語】後編・電源タップ自作 【自宅サーバーUPS設置物語】前編・サーバー台自作 【自宅サーバーUPS設置物語】序章・CentOSで電源が切れなかった問題の解決 【ブラウザゲーム】色相神経衰弱

この記事へのコメント

1.

ついにかーくんもDIYを始めたかー…
投稿者:s快速 投稿日時:2018/9/15 (土) PM 7:28 <<返信

ここにコメントする

×
読み込み中...

ハンドルネーム

(省略時は匿名になります)
トリップを使用する場合は半角「#」の後にキー文字列を続けてください。

本文

アップロードする画像ファイル

コメントに画像を添付することができます。(最大4枚)
(各ファイル12MBまで)


【!】コメント投稿についてのご注意
書籍や他のサイトからの転載、二次創作(模写、同人作品、パロディを含む)や、テレビ画面・演劇・コンサート・美術作品・キャラクターグッズなどの写真の添付は著作権法やその他の法令上問題となりますのでおやめください。
ブログ・Twitter等からの転載の際も必ず転載許可を得てください。
ご協力お願いします。