自作CMS・自作サーバーにて運用中
かーくん本紀は当然ながら転載自由です。詳細はインフォメーションをご覧ください。
目次 > 2018年 > 7月 > 19日 >
カテゴリー: コンピュータ
<<【イラスト】ルシカ 2018-0...

【自作PC】父親の金でRyzenマシン組む - 組み立て・レビュー

作成日時: 2018/7/19 (木) AM 1:03
最終更新: 2018/7/19 (木) AM 1:03

前半(ハードウェア選定)からの続きです。

それでは、さっそくRyzenマシンの組み立て・・・
 と、行く前に、置き換え対象の旧PCも軽く紹介しておきたいと思います。

置き換え対象のPC

P5B-VM他
このPCは、もともとEPSONのEndeavor MR3100(?)という機種
 ・・・でしたが、父親が購入直後にメモリを増設したうえ、酷使しすぎて故障したHDDはSSDに換装、HDDの後を追うように昇天した電源はケースごとATX規格の新品に交換し、原型を留めるのはマザーボードとCPU(と、Windows Vistaのライセンス)のみという状態でした。

ちなみに、このマザーボードはASUSのP5B-VMというMicro-ATXマザー。
名前からもわかる通り、かの悪名高い名機P5Qと同世代の製品で、設計思想が同じなのかは知りませんが、こちらもUSB機器への給電能力が致命的に低い一枚でした。

そんな10年超えのこのM/Bもとうとう寿命。
新たな世代にその役目を譲ります。


なお、前半で説明した通り、このケース(Abee smart J01R)は新PCのケースとして流用します。

組み立て

それでは、組み立てスタートです。

さっそくCPUの取り付けから
 ・・・は始めずに、まずはケースにバックパネルを取り付け。

バックパネル

バックパネルを取り付け忘れたままマザーボードを固定してやり直しになるのは自作あるあるですからね(^_^;)
なお、同時にケース側のスペーサーの位置もATXのネジ配置に合わせて変更しておきます。

そして、いよいよCPUの取り付けへ。
LGA3647のXeonでサーバーを組んだこともあるかーくんですが、AMDマシンの自作はこれが初めて。なので、ちょっと緊張・・・

CPUとメモリの取り付け
しましたが、スポッとはめてバーを下ろすだけなのでLGAよりもかなり作業は楽でした。
(まあ、AMDのCPUにはその分スッポンという不安材料もありますが・・・)

そして、ついでにメモリも挿入。

続いて、CPUクーラーの取り付けへ。

CPUクーラーの取り付け
CPU本体の取り付けはあっさりとできたソケットAM4でしたが、クーラーのほうは4つのネジのバランスを確認しながら締めなければいけない(そのうえ、ネジの長さが短めなので、締めている最中に外れやすい)ので、ここはプッシュピン式のIntel付属クーラーのほうが作業効率は上ですね。(まあ、そのIntelクーラーは静音性と冷却性能にそれなりの難がありますが...)

そして、このマザーをケースに固定。

マザーボードの取り付け

ASUSのハイクラスマザーのバックパネルは裏に防塵目的(?)のクッションがついていて高級感がありますが、マザーの取り付けやすさの面ではマイナス点に感じられますね...


そして、電源とドライブを取り付けて起動準備完了!

組み立て後のPC

なお、HDDはOSのインストール時にインストール先の設定でミスすると後ですごく面倒になるので、この時点ではSATAケーブルを抜いてあります。

起動

そして、いよいよ新構成での起動のときがやってきました。

通電したPC

結果は、無事起動。
OSのインストールも問題なくできました。
(そのあとで、4K出力がうまくできずに試行錯誤してたら、結局は安物のHDMIハブが原因だったとかいうネタもありましたが...)

それにしても、このPRIME X370 PRO、モノトーン調で堅実なデザインかと思いきや、通電したらけっこう派手に光りますね・・・(嫌いなデザインではないですが。)

レビュー

今回は、CPUが26000円、マザーが15000円という安価で手に入ったために構築した第一世代Ryzenマシン。
型落ちとはいえ、M/Bの機能や搭載端子にも不満はなく、悪くない買い物だったと思います。

GUIサーバーだとか、Fedora Rawhideのワークステーションだとかいう異端な環境ばかり使っている男の娘の意見なので客観的ではないかもしれませんが、動作速度についても目立った問題はなく、メインマシンとしてふさわしい快適性を実現できたと言えそうです。

強いて問題点を挙げるなら、吸気側のケースファンとして追加した12cmファン(4年前に買ったCPUクーラーについていた余剰品)が地味にうるさいことくらいですかね。(笑)

<<【イラスト】ルシカ 2018-0...


この記事のタグ:
自作PCAMDRyzen

コンピュータの新しい記事

【自作PC】父親の金でRyzenマシン組む - 組み立て・レビュー 【自作PC】父親の金でRyzenマシン組む - ハードウェア選定 Abee smart EM60 & K-162 レビュー 【本格サーバー自作】第一部 - 部品選定

この記事へのコメント

ここにコメントする

×
読み込み中...

ハンドルネーム

(省略時は匿名になります)
トリップを使用する場合は半角「#」の後にキー文字列を続けてください。

本文

アップロードする画像ファイル

コメントに画像を添付することができます。(最大4枚)
(各ファイル12MBまで)


【!】コメント投稿についてのご注意
書籍や他のサイトからの転載、二次創作(模写、同人作品、パロディを含む)や、テレビ画面・演劇・コンサート・美術作品・キャラクターグッズなどの写真の添付は著作権法やその他の法令上問題となりますのでおやめください。
ブログ・Twitter等からの転載の際も必ず転載許可を得てください。
ご協力お願いします。