自作CMS・自作サーバーにて運用中
かぁくん本紀は当然ながら転載自由です。詳細はインフォメーションをご覧ください。
目次 > 2018年 > 6月 > 13日 >
カテゴリー: ブログ・ホームページ
<<「もっちりシートで満足な行き」今...「同じ点と同じではない点」今日の...>>

【webアプリ】法人サイト向けCMS「うららCMS」開発開始のお知らせ

作成日時: 2018/6/13 (水) AM 1:44
最終更新: 2018/6/13 (水) AM 1:44

きのくにソフトウェアでは、この度、新規webアプリケーションとして、法人サイト向けCMS「うららCMS」を開発することになりましたので、ここにお知らせいたします。

うららCMS ロゴ

コンセプト

「うららCMS」は、きのくにソフトウェアで2014年より開発を行っている「Open本紀」とは異なり、ブログとしての使用を前提としないCMS(コンテンツ管理システム)です。

Open本紀との最も大きな差異はその記事ファイルの管理方法にあります。

Open本紀では、それぞれの記事に対し、その作成年月を元にしたURLが自動的に割り振られるシステムを採用してきましたが、これはURLの重複が自動的に回避され、大量の記事を継続的に投稿した場合でもURLが複雑化するのを防ぐという利点が存在する反面、ページの階層性が重要視される法人サイトなどへの転用が難しく、SEOの面でもやや不利でした。

うららCMSでは、こうした法人サイトを主なターゲットとし、静的サイトジェネレータと同様にそれぞれのページのファイルを任意のディレクトリに配置可能な仕様としつつも、サイトのデザインをCMS側で一元管理するといった一般的なCMSにみられる主要な機能を一通り実装します。
また、これまでOpen本紀に実装してこなかった「デザインテーマ」を最初のバージョンから実装するだけでなく、将来的にはプラグインの追加などにも対応する予定です。

一方で、うららCMSは法人サイトでの使用を前提とした設計となることから、コメントやトラックバック機能の実装予定はありません。(Atomフィード配信機能については実装を予定しています。)

なお、うららCMSにもOpen本紀との共通点は多くあり、、データベースへの依存度を低減した軽量CMSを目指すという基本コンセプトはOpen本紀と変わりません。また、後述のとおり、うららCMSは多くのコンポーネントをOpen本紀と共有します。

名称について

名称に含まれる「うらら」は、和歌山弁の中でも限られた地域でのみ使用されている表現であり、「私」を意味する「うら」の複数形「うらら」から、本ソフトウェアによりサイトを運営する法人の皆様の自主性や団結のアピールという意味を込めて命名しました。

同時に、これは軽量CMSである本ソフトウェアの軽快な動作を連想させる「うららか」の最初の3文字でもあります。

実装

うららCMSには、Open本紀同様、きのくにソフトウェア独自開発のwebアプリケーション向けライブラリである「Hongi Editor」、「Wakarana」、「自在ポストMINIMUM」が組み込まれます。

他のwebアプリケーション製品とのライブラリの共通化により、短期間でのリリースを可能とします。

ライセンス

うららCMSは、これまでのきのくにソフトウェア製品と同様、著作権放棄(パブリックドメイン)での提供を確約します。

<<「もっちりシートで満足な行き」今...「同じ点と同じではない点」今日の...>>


ブログ・ホームページの新しい記事

【お知らせ】「かぁくん」です。よろしくね。 【フォント】キカカナ21シリーズの改良版を公開しました 【webアプリ】Hongi Editor 2.4.1を公開しました 【フォント】阪急の車番書体をフリーフォント化しました!

この記事へのコメント

ここにコメントする

×
読み込み中...

ハンドルネーム

(省略時は匿名になります)
トリップを使用する場合は半角「#」の後にキー文字列を続けてください。

本文

アップロードする画像ファイル

コメントに画像を添付することができます。(最大4枚)
(各ファイル12MBまで)


【!】コメント投稿についてのご注意
他のサイトやブログ、他人のTwitter等からの転載の際は引用元のURLを記載してください。
ご協力お願いします。