自作CMS・自作サーバーにて運用中
かぁくん本紀は当然ながら転載自由です。詳細はインフォメーションをご覧ください。
目次 > 2017年 > 2月 > 8日 >
カテゴリー: コンピュータ
<<「朝から事故でダイヤハチャメチャ...【イラスト】マテバ 2017-0...>>

ワコムのMobile Studio Proを買ってみた

作成日時: 2017/2/8 (水) PM 11:35
最終更新: 2017/2/10 (金) PM 3:03

もともと、家には入学祝いをそっくり突っ込んで組み上げた高性能ワークステーションと、お絵描きの強い味方Cintiq 13HDを持っているかーくんですが、ここのところ、研究室配属の関係で大学で過ごす時間が長くなり、大学で使うPCにもこだわりたくなってきたところ・・・

これまで、大学では、昨年夏にオーバーホールしたSandy Bridge i7のノートPCを使っていましたが、それにはいろいろ弊害もあり・・・
例を挙げると、
  • 画面の発色がクソすぎて長時間の使用はキツい
  • 家でCintiqに慣れているので、マウスを使ってると手がダルくなる
  • 画面の解像度が低くて作業スペースが限られる
  • マクロキーがついてない
  • グラフィック性能がカス
等々・・・

かーくんはテスト期間が終わったらフリー植物大全のシステム刷新をやってやろうと考えていたこともあり、これらの問題を抱えたままでは充実した開発ライフの実現は困難・・・

そこで、思い切ってペンタブレット一体型PCを(web開発用に)購入してしまうことにしました。


で、10ヶ月分のアフィリエイト収入と引き換えに届いたのがこちら。

ワコム Mobile Studio Pro を買ってみた - 1
Cintiqと同じくワコム社の、クリエイティブタブレット(液晶ペンタブレット一体型PC)である、「Mobile Studio Pro」の13インチモデルです。

価格は下位モデルでも18万円以上と高額ですが、一般的なミドルハイクラスCPUの倍の実行ユニット数を誇るGPU「Iris Graphics 550」を搭載し、画面はフルハイビジョンより画素数の多いWQHDで、ペン入力の他にタッチ入力も可能になっているなど、必要な機能が取りこぼすことなく揃っている印象の一台です。

別途専用のアダプター(市場価格8000円程度)を購入すればCintiqのように他のPCの外付け液晶ペンタブレットとしての使用もできるようなので、近いうちにそのアダプターを購入して液タブ2台並びの開発環境というのも完成させたいものです。

それでは、開封を進めます。

ワコム Mobile Studio Pro を買ってみた - 2
こちらが付属品一式。

今モデルから、USBポートが全てtype-Cになっていますが、ご覧の通り、一般的なtype-AのUSBコネクタに変換するアダプタは付属していないので、一般的な有線キーボードはそのままでは使用できません。

過去のモデルを比較すると、

初代(Cintiq Companion)

× 外付けペンタブレットとして使用できない
× グラフィック性能が不十分

2代目(Cintiq Companion 2)

○ 外付けペンタブレットになる
△ 下位モデルではグラフィック性能が不十分
△ バッテリーの持ち時間が微妙

今モデル(Mobile Studio Pro)

○ 外付けペンタブレットになる
○ 全モデルで十分なグラフィック性能
○ 最大6時間持つバッテリー

と、世代を重ねるごとにユーザーの期待を的確に反映するかのような順当進化を見せてきただけに、このUSBポートの改悪は惜しいところです。

また、ネット上の情報によれば2代目では内蔵SSDが東芝製だったようですが、今モデルはWindows標準機能であるデバイスマネージャで確認してみると、内蔵SSDが安物のPhison製にランクダウンしていたのも個人的に残念です。


それでは、最後に一番大事な使用感を・・・

ワコム Mobile Studio Pro を買ってみた - 3

写真は、負荷が高いことでおなじみのnetbeansを起動させたところですが、PHPやJSの編集では今のところいたってスムーズに動いています。

また、サイドスイッチのクリック感も大幅に改善されている他、リングキー部分を指でなぞるとマウスホイールの回転として動作するので、完全マウスレス開発環境が容易に実現可能です。

タッチパネルの精度も一般的なスマホと同程度にあるので、IDEのメニューバーなどの操作はタッチでも十分に可能です。

さらに、一般的には両立の難しいとされる性能の高さと静音性を兼ね備えているのも特長で、排気ファンは動いているのか止まっているのか区別がつかないほどの静かさです。


総評すると、「18万円」を出して買う価値は十分にある品物だと思います。
あと、本来はプロイラストレーター向けの製品ですが、出先でのweb開発用にするのも十分アリです!


(・・・と、ここまでアフィブログ丸出しのような記事を描いてきましたが、例のごとくこのブログには広告は貼らない方針なので、こうやって記事を書いてもかーくんには特に利益はありません(笑))


<<「朝から事故でダイヤハチャメチャ...【イラスト】マテバ 2017-0...>>


この記事のタグ:
ワコムMobile_Studio_Pro

コンピュータの新しい記事

GNU/Linuxでオススメの左手キーボードを紹介 【自宅サーバーUPS設置物語】後編・電源タップ自作 【自宅サーバーUPS設置物語】序章・CentOSで電源が切れなかった問題の解決 【自作PC】父親の金でRyzenマシン組む - 組み立て・レビュー

この記事へのコメント

ここにコメントする

×
読み込み中...

ハンドルネーム

(省略時は匿名になります)
トリップを使用する場合は半角「#」の後にキー文字列を続けてください。

本文

アップロードする画像ファイル

コメントに画像を添付することができます。(最大4枚)
(各ファイル12MBまで)


【!】コメント投稿についてのご注意
他のサイトやブログ、他人のTwitter等からの転載の際は引用元のURLを記載してください。
ご協力お願いします。