自作CMS・自作サーバーにて運用中
かーくん本紀は当然ながら転載自由です。詳細はインフォメーションをご覧ください。
目次 > 2017年 > 12月 > 13日 >
カテゴリー: 鉄道 / 今日の南海乗車録
<<「サザン運転再開キャンペーンで指...「見込み違いに入れ違い、愛車に乗...>>

「紀ノ川駅でイノシシ接触、赤く染まる枕木」今日の南海乗車録(711)

作成日時: 2017/12/13 (水) AM 1:19
最終更新: 2017/12/13 (水) AM 1:24

公開が遅れていた2/13の分です。

行き

紀ノ川→天下茶屋 C#9511 (9511F)

南海電鉄 9000系 9511F
昨日出かけた際、偶然にも踏切でお気に入りの9511Fが羽倉崎入庫運用である6881列車に充当されているのを見かけたため、今日はこれに期待して3808列車を狙うことに。

すると、期待通りの編成が来ることなどほとんどないのが通例の3808列車であるにも関わらず、やってきたのは正しく期待通りの9511F!

こうして、今週の乗車録は最高の形でのスタートとなりました。

天下茶屋→堺東 C#6731 (6511F+6334F+6331F)

南海電鉄 6300系 6331F (C#6731)
天下茶屋からは、C#6731の急行で堺東まで。

ホームの一角に運び込まれた大掛かりな資材から、天下茶屋駅のパタパタも先週で見納めかと思いましたが、とりあえず今日の時点ではパタパタに変化は見られませんでした。

堺東→白鷺 C#6355 (6305F)

南海電鉄 6300系 6306F (C#6356)
今回は行きで6305Fに乗車。

帰り

白鷺→天下茶屋 C#6311 (6311F)

南海電鉄 6300系 6311F
今日はいつもより遅めの帰宅。
激しい寒風の吹き付ける中、6311Fがやってきました。

どうせなら行きが帰りも6305Fのほうが嬉しかったな〜、などと思いつつも、これをパスして寒い中でさらに待つのはさすがに体に悪そうだったので、とりあえず6311Fで帰途に就くことに。

天下茶屋→和歌山市 C#1503 (1003F)

南海電鉄 1000系 1003F (C#1503)
行きでは確認していなかった運用でしたが、やってきたのは1000系!

1008F辺りだと嬉しいな〜、と思ったものの、その1000系は期待外れの1003Fでした。

とは言え、これを送って待つという選択は先に述べた通り好ましいものではなかったため、ひとまずこれで和歌山市まで帰ります。

途中、尾崎で7100系+10000系の上り回送が退避していましたが、どうしたんでしょうか?
 ・・・などと思っていると、S快速氏より、紀ノ川駅付近でサザンとイノシシが接触したという情報が...

もしや、あれってその当該じゃ...

和歌山市→紀ノ川 C#1003 ( 〃 )

南海電鉄 1000系 1003F
それはさておき、今日のシメは、最近よく乗るC#1003で。

今日のC#1003には誰かが粗相したらしい形跡がありました。
C#1003の座席

 ・・・ただ、「粗相」なんてのは、このあと目撃する光景に比べれば、余裕でカワイイものでした。

紀ノ川駅到着後、撮影を終えてホームを移動していると、ホーム上に転がる一つの石に違和感が。

茶色く汚れ、ゴツゴツとしたいびつな形状・・・
 これは・・・バラスト?
でもなんでホーム上に・・・ あ゛...
一つだけ思い当たるものがありました。そう、さっきのイノシシ接触です。

最初に聞いたときは、どうせ軽く当たったくらいの小規模な事故だろうと思っていましたが、バラストがここまで飛んでくるとなると、サザンは制限時速いっぱいでイノシシとぶつかった可能性も・・・

と、思いつつ線路の方を見ると、
Oh...

ここをクリック(またはタップ)すると、事故現場の写真が表示されます。苦手な方はご覧にならないでください。
紀ノ川駅のイノシシ接触現場 - 2
何やら、線路の間の溝の蓋の上に赤色のナニカが落ちています。

紀ノ川駅のイノシシ接触現場 - 1
これは明らかに肉片...
形状からしてイノシシの鼻でしょうか・・・

先程1003Fを撮影したときには気づきませんでしたが、上り方の6両停目の近くにも真っ赤な色をしたナニカが転がっていました。
紀ノ川駅のイノシシ接触現場 - 5
肝臓のようにも見えますが、もはや原型をとどめていません。

少し下り方の線路上では、イノシシが引きずられたことで枕木が血で赤く染まっていました。・
紀ノ川駅のイノシシ接触現場 - 4

"破片"は確認できただけでも、6両停目付近から、下り方の停目付近まで長距離に渡って散乱していました。
紀ノ川駅のイノシシ接触現場 - 3
これは腸でしょうか。
こうやってイノシシの腹腔の内容物が飛散するほどの事故となれば、当該編成の臨時回送にも頷けます。

そして、ホームから改札へ続く階段にも血痕が。
紀ノ川駅のイノシシ接触現場 - 6
係員の方が線路に降りて現場を確認した際に靴底に付着したものでしょうか。

なお、駅窓口で聞いたところ、線路上の清掃は明日朝に行われるとのこと。
やはり、夜間では作業が困難な部分や、人員の確保などの問題もあり、すぐに対処できないのはやむを得ない部分もあるようですね...

とりあえず、清掃にあたられる担当の方々、お疲れ様です。


<<「サザン運転再開キャンペーンで指...「見込み違いに入れ違い、愛車に乗...>>


この記事のタグ:
今日の南海乗車録南海電鉄

鉄道の新しい記事

NEW 今日の南海乗車録(764) 今日の南海乗車録(763) 今日の南海乗車録(762) 今日の南海乗車録(761)

この記事へのコメント

ここにコメントする

×
読み込み中...

ハンドルネーム

(省略時は匿名になります)
トリップを使用する場合は半角「#」の後にキー文字列を続けてください。

本文

アップロードする画像ファイル

コメントに画像を添付することができます。(最大4枚)
(各ファイル12MBまで)


【!】コメント投稿についてのご注意
書籍や他のサイトからの転載、二次創作(模写、同人作品、パロディを含む)や、テレビ画面・演劇・コンサート・美術作品・キャラクターグッズなどの写真の添付は著作権法やその他の法令上問題となりますのでおやめください。
ブログ・Twitter等からの転載の際も必ず転載許可を得てください。
ご協力お願いします。